So-net無料ブログ作成

ありがとうございました☆ [日記]

2012-02-14から始めた「KENのブログ」、Kenのこれまでの出来事を纏めておきたかった事と、日々の出来事をKenの視点で書いてみたいと思って始めたのですが、なかなか思う通り書き進める事が出来ませんでした。

そんなブログを読んで下さった方には、とても申し訳なく思うとともに感謝の気持でいっぱいです。

怠ける気持を新たにして、「新年からは、真面目に書こう」と思っていましたが、昨年12月7日の午前3時頃、Kenは虹の橋へと旅立ち、私達の手の届かない所へ逝ってしまいました。

健康状態は、決して良いとは言えませんでしたが、そんなに早く逝ってしまう様な状況でもなかったのですが・・・・

亡くなる6時間前までは、通常と変わらない状況で、夕食も完食し、いつもの様にパパの夕食まで欲しがっている状況でした。
異変が起きた時は、何が何だかよく理解できなかったのですが・・・・

一週間前からお腹の具合があまり良くはなく、お薬を飲んでいましたがあまり効かなかったのか、お腹が痛いのかたまにウロウロしていたりする事が多くなっていました。
でも、それ以外は全然いつもと変わらず、お散歩も元気に歩いていました。

ただ、具合が悪くなった日の朝は、なかなか起きられないと言う感じで、大好きなお散歩にも気力がない様子でしたが、お昼過ぎになって「お散歩へ行く」と言って、楽しく歩いて来ました。

でも、今思えばその日は、ずっと体調悪かったのだと思います。


亡くなるまでの6時間は、お腹が痛くて辛そうでした。
擦ったり、声をかけたり、Kenの手をずっと握って励ましていたのですが・・・・
痛くて辛いけれど、私達家族の「頑張って」の声に応えようと一生懸命堪えている姿を見ていたら、「もしかして、頑張れは私達のエゴ」の様に思えて来た私は、「Ken、疲れたね。頑張ったね。もう休んで良いよ。」と言ってしまいました。
するとKenは、「はぁ〜」と大きく息を吐き、私の手の平の上に頭を降ろしました。
そして、そのまま眠る様に・・・・

Kenは、最後の最後まで生きる事を諦めず、一生懸命頑張りました。

「生きるという事に理由はない。生まれて来たものはどんな事があっても、その終わりの時まで生きる事を諦めてはいけない」ということを、Kenは私達に教えてくれました。

本当にKenは、私達家族にとってかけがえのない素晴らしい家族でした。


これまでKenを見て下さったみなさん、本当にありがとうございました。

この「KENのブログ」は、ここでおわりますが、このブログはKenが生きて来た証拠ですので、このままそっと残しておきたいと思います。


                              さようなら


IMG_0111.jpg
nice!(6)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 6

コメント 4

メグちゃん

Kenくん、メグおばさんはKenくんがそんなに悪い状態になっていたなんて知りませんでした。
少しでも元気に長生きしてほしかったです。
可愛い瞳でおばさんはKenくんの写真を見ると、いつも心から笑顔になれました。
虹の橋を渡ってしまいましたが、おばさんはずっと忘れません。
お空の向こうには、メグのお姉さんのゆあなとりりーがいます。
もし見つけることができたら、元気に走り回って遊んでください。

Mieさんへ
本当に残念で悲しいです。
長いことブログを開かないでいたら、最初にMieさんのブログから飛び込んできた悲しい知らせでした。
Mieさんのお気持ちを考えると大変辛いです。
いつか乗り越えなくてはいけないことですが、沢山泣いて悲しんでください。
泣くことはいけないことではありません。Kenくんが
「ママ、もう泣かないで、僕はとっても幸せだったのだから」と言ってくれる日が来ます。

Mieさんの楽しいブログを楽しみにしているファンとして
1日も早く元気になってほしいです。
Kenくんのご冥福をお祈りいたします。

by メグちゃん (2014-01-07 14:07) 

Mie

メグちゃんさん

体調が良くないのに、長いコメントを頂きましてありがとうございます。

Kenが亡くなって一ヶ月になりますが、未だにKenが居ない事が信じられずにいます。
家の何処を見ても、Kenの姿はなくても亡くなったというより、今トリミングへ行っていて家にいないと思ってしまいます。

それだけ、Kenの体調が突然悪くなったということなんだと・・・・
こんなに急に体調が急変するなんて思っても居ませんでした。

そんなこともあって、何か私に落ち度があって体調が悪くなったのではないかと、思ってしまいます。

ただ、かなり体力は無くなって来ていました。
主人と娘は、口にしていなかったのですが、みんなKenが、そう長くないと思っていた様で、「長生きさせる!」と思っていたのは私だけだった様です。

Kenがいない日々なんて、考えられませんでしたから。

と、何時まで言っていてもKenはもう戻って来ないのですよね。

まだまだ涙の出ない日はありませんが、少しずつ今の生活を受け入れて行ければと思っています。
メグちゃんさんには、Kenをとても良く思って頂いて、本当に嬉しかったです。(^^)

Kenは居ませんが、これからもどうぞ宜しくお願い致します。(^^)



by Mie (2014-01-07 19:46) 

エンジェル

こちらのブログはご無沙汰してましたが、ちゃんと締めくくりを書かれていたんですね。。。
これが最後の記事というのは淋しいですが、Ken君の生きた証しとしてずっと世の中の人達に見てもらえるのではないでしょうか。。。
改めてKen君のご冥福をお祈り致します。
by エンジェル (2014-01-14 08:48) 

Mie

エンジェルさん

「Kenのブログ」へも目を通して下さって、ありがとうごさいます。
とっても嬉しいです。
このブログ、気になりながらもどうしようか気持ちが決まらなかったのですが、Kenはこの世に生を受け、私達家族と縁があって家族となり過ごした13年間を、何かのキッカケで「Kenのブログ」を読んで頂けたら、Kenがこの世に居た事沢山の方に知って頂けるんじゃないかと思いました。

Kenとの13年間は、動物を買った事がある方はお分かりになる様に、言葉が通じあわないのですから、信頼関係を築き上げるのに苦労はありました。
Kenのブログを残すことで、わんちゃんの事で悩んだりしている方がこのブログを読んで、「みんな同じ悩みを抱えながらも、わんちゃんと家族になる為の努力をしている」って事を知って頂き、気持ちを楽にして頂けたら、Kenも喜んでくれると思いました。

でも、このブログの締めくくりはちゃんとしないと・・・と思い、やっとお別れのご挨拶ができました。(^^)

そして、最後のブログにコメントを頂きまして、ありがとうございます。(^^)




by Mie (2014-01-16 16:54) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。